駒津峰まで戻ってきて〜

ここから少し遠回りになるけど
せっかくだから、登りと
違うルートから下山する事に〜




仙水峠から下山しま〜す





振り返ると白い甲斐駒ケ岳がドーンと見えて素敵でした〜





仙水峠からの下山はね〜・・

とにかく急登の長い階段が続く続く・・


階段が続きすぎで、下山の癖にしんどい〜・・

(ここの道、登りでは絶対に使いたくないな〜・・)

って思いながら下山してたら
息切れひとつしないで、涼しそうな顔をし
爽やか青年が峠を登ってきてたよ〜


よく見ると、今朝の5時過ぎ頃
甲斐駒登り始める時にスレ違った青年だ〜〜


甲斐駒を黒戸尾根から登って〜
甲斐駒山頂から仙丈ヶ岳山頂まで行って〜・・

そしてまた黒戸尾根から下山して行くのを
なんと日帰りでこなしちゃう超超強者さんです!



人間技じゃない〜〜!本当凄すぎる!!!!!


私、黒戸尾根から甲斐駒日帰りだけでも、絶対無理だ〜〜。。


数十分位、雑談してたんだけど
この急登を小走りに登ってきたのに、
話してても本当に全く息切れしてなかったし・・


絶対にトレラン界で有名になる人だと思うから
記念撮影してもらっておくべきだったな〜〜



だいたい週末は、南アルプスを一人で走ってるらしいよ〜

静岡に住んでる人で、若い、かなりのイケメン君でした



さてさて・・


長い階段の道が終わると

岩がゴロゴロと大量に転がってる広場へ到着〜





すごい岩の量だったよ〜

何でこの場所だけ、こんなに岩が集まってるんだろうね〜?





岩の上を歩くんだけど、岩と岩の隙間に足がハマってコケそうで
バランス感覚の悪い私は苦手な道です〜





岩岩を通り越して、仙水小屋





水場があったから、水をもらおうと思ったら

「水下さいと声かけしましょう」





の文章が書かれていたので、声かけようかな〜・・

って思って、周りを見渡したんだけど、誰もいない・・


(まぁいいや・・誰もいないし勝手に飲ませてもらおう


って思って、勝手に飲んでから後ろを振り帰ったら
上半身裸で、荷物を担いだ
いかにも小屋番って感じの雰囲気の人が
ジロ〜・・っとこっち見てた〜〜・・

(き・・気まずかった〜・・(笑))




仙水小屋からテント場までは、ほぼ平な道が続くから
ここはひたすら走ったよ〜





テン場が見えてきて、お仲間さん達と合流できた時は嬉しかった〜♪

仙丈ケ岳も甲斐駒ヶ岳も、どちらも素敵な山でした〜


2日目出発! 双児山 駒津峰
直登ルート(前) 直登ルート(後) 甲斐駒ケ岳・山頂
ありがとう♪ 巻き道ルート 六方石
 仙水峠 鋸岳  さくらの湯