さてさて・・

ルートを調べないで、
完全に人任せにして甲斐駒に登りに来て〜・・←(いかん人です・・反省)

途中で単独行動をはじめてしまった私は
山頂までのルートがわからない〜





でもでも、日曜日って事で登山者がいっぱいだったので

(前の人に付いていけば、間違いなく山頂へ行くハズだ

って事で、ひたすら前の人に付いていく私〜





「直登」 って書いてある岩の前を通り過ぎて〜

せっせと登って行ったんだけど〜〜・・





しばらく登って行くと〜・・





んっ・・(;´・ω・)

なんだ、このルート・・

登りにくいぞ〜〜・・


ヤバイ・・


私が踏み込んじゃいけない領域に
1人で踏み込んでしまったのでは・・(゚ ゚;  (汗)



・・って、だいぶ登ってきた場所でようやく気が付く私・・





↑この赤線のルートを登ったんだよ〜



下山した方が危険って事はわかっていたので
引き返さないで、とりあえず山頂を目指す事に〜


(ど〜〜か、これ以上の難所は出てきませんように〜〜・・><)


って願いながら登って行きました〜





凄い景色良いルートだったよ〜
天気良かったし、余計にかも( ´艸`)♪





写真では、絶景が伝えれないのが残念だ〜

あ〜〜〜・・
行った事ない人、写真じゃなくて実際にこの風景見てきてほしい〜

私、甲斐駒から帰ってきた後
母に「甲斐駒行ってきて〜!!」って勧めまくってたからね(笑)








直登ルート(後)へ続く〜


2日目出発! 双児山 駒津峰
直登ルート(前) 直登ルート(後) 甲斐駒ケ岳・山頂
ありがとう♪ 巻き道ルート 六方石
 仙水峠 鋸岳  さくらの湯