奈良県にある

「三峰山」(みうねやま)に行ってきたよ〜


前にススキを見に行った曽爾高原の近くにあるお山で〜す




三峰山は樹氷で有名で
1〜2月に登る人が、圧倒的に多いみたい


日本三百名山の一つだよ〜





青少年旅行村から出発〜!


ちょっと、歩いて行くと〜
落差約21mの「不動の滝に到着〜!





この滝、高低差けっこうあったんだけど

アイゼンまだ履いてなかったから
滑って、滝壺に落っこちてったら死んじゃうな〜・・

って思って、落ないように、へっぴり腰でゆっくり歩いたよ〜






写真だと、ショボイ感じだけど、実際は立派な滝で〜す



三峰山はね〜

ジグザグと人工林の中を歩く道が殆どで〜




平凡な道すぎて、景色も変わらず、つまんないから

樹氷が見れない時期には、登ろうとは思わないお山だったよ〜




標高が高くなってくると、雪が出現〜







樹氷もチョコッと現れてきたよ〜

これは、私が写した写真なんだけど〜・・

↓↓↓







同じ場所を、プロが写真撮すと、こんなに違う〜〜( ̄◇ ̄;)!!

↓↓↓





優しい感じで、メチャクチャ綺麗だぁ〜・・


上手い人が写真を写すと、実物以上に綺麗に写るのね〜



てってけ歩いて、山小屋に到着〜

(山小屋の外観写真写すの忘れてた〜(ノД`))





平日だったのに、山小屋の中たくさん人がいたよ〜!


うちらも、山小屋でお昼ごはんタイム〜




湯気が、場の寒さを表してるよね〜



私が普通に写真を写したら〜(左)
明るすぎて、寒そうな感じが伝わらなかったんだけど〜

↓↓↓




教えてもらって、絞りを調節して写したら
寒そうな感じが伝わる写真に近づいた〜〜(右)


最初は光を取り込み過ぎてたから
絞り(F値)の数値を上げて、レンズを絞ったら暗くなったんだと思う


絞り値を大きくすると、絞りが絞られてレンズを通る光が少なくなる
絞り値を小さくすると、絞りが開かれてレンズを通る光が多くなる


F値を少しかえるだけで、全然雰囲気の違う写真になるんだね〜

面白い〜

それから
シャッタースピードと絞りの関係も説明してもらったんだけど
難しくて、忘れてしまった〜〜・・;


今度また教えてもらわなきゃだ〜



続く〜


不動滝 サプライズバースデーケーキ   樹氷のトンネル  奈良・三峰山
八丁平 遊びながら下山〜♪ 氷点下と展望小屋