笙ヶ岳(しょうがたけ)  (標高908.3m)

養老山脈の最高峰のお山だよ~





養老公園の駐車場から見えてた、鯉のぼり達に見送られながら出発~


とりあえず、登山口まで歩きま~す。






新緑のモミジがいっぱい♪、紅葉の時期は、これが色付いて見事です


養老の滝の前を通りすぎ~・・




(せっかくなんで、滝と記念撮影する顔が黒子の私・・(笑))

のんびり歩いて、20分位で、や~~っと登山口に到着

登山口で入山届けを出して出発~




登り3時間のロングコースで~す


養老山脈の最高峰目指して
頑張りま~す



うちらはAコースから登りました~



最初は、とにかく長~~~い林道
ヒタスラ登りま~す


グネグネグネグネ・・


同じような道が続いて飽きてくるよ~(^^;


でも、途中x2に可愛いお花がたくさん咲いてたので
お花見しながらノロノロ登山~





いつもは山頂でお昼ご飯食べるけど、今回は登ってく途中で食べちゃいました~


笙ヶ岳までの登山道

林道部分は、
昔車が走ってたんだと思うけど
今は、道の端の方が
ガタガタに崩れて落ちてて
怖くて車では走れませ~ん・・


そこらじゅうで崖崩れが起きてたよ~



山の斜面部分が崩れてて
木も一緒に崩れちゃってたから
ナナメに一生懸命生えてる木が
たくさんありました・・



土が流れてっちゃって、根っこむき出しの木も多々あったし・・





環境の悪い場所でも、必死に生きようと頑張ってるんだな~・・




山頂へ向かって、ドンドン歩いて行くと~
林道がだんだん細くなってきて、やっと山らしくなってきました~





で~・・

登山地図を持ってきてたのに、途中で落として紛失・・

今回は私が落としたんじゃないよ~!←(強調)笑


道がわかんなくなったけど、私の微かな記憶を頼りに山頂に向いました~





けっこう登った場所に「旧牧場地」って場所があるよ~
お山の途中にある広間なんだけど、昔はここが牧場だったんだね~

この牧場から、モミジ平って方向へ進みました~




途中にあった、鳥の形に見える木の残骸?




登山道の真ん中に、ド~ンと倒れていた木と私

(相分からず、私怪しい格好してるな~・・



テクテク歩いて~

な~んともイイ感じの森の中へ突入~

木がお生い茂ってなくて、広々した空間にフカフカの落ち葉!

こんな感じの森も好きだな~♪



ベンチがあったので、ここでちょいと小休憩

で~更に先へ進むと

山頂へ向かう分岐点を発見!




でも~・・

「この先道幅せまし、歩行注意」

って書かれてるしパッと見も、かなり危そう・・;

(あんまり人が歩いてないのか、殆ど道がなかったし
歩くと足滑らせて落ちてっちゃいそうな雰囲気だったよ~・・

道の写真撮してくるの忘れた~・・



落としちゃった地図に

(昔使われてた旧道・今は危険だから行かない方が良い)

って道が途中にあったのを覚えていたので~

ここが絶対にその道だと思いこんで
現在使われてる道を探そうと、ここは曲がらないで先へ進みました~・・






大洞登山口方向へ進んだよ~


が!ここが大きな間違いで
この先を進むと、なんとも危険なゾーンに突入~

沢沿いを歩いて行ったんだけどココこそ道がない・・(~_~;)





写真だと、対して歩き難そうに見えないかもしれないけど
落ち葉がフカフカすぎて滑るし、傾斜もあって怖いから、手をつきながら降りる私~・・





道がわからなくて、この辺りをフラフラ行ったり来たり歩き回ってて
ドンドン時が経過して行く~・・


川を飛び越え、道なき道を進んだんだけど
ど~~考えても登ってるんじゃなくて、降りて行ってる・・





それに、この先進むと私の技術じゃ~
怪我して大変な事になりそうな予感がしたので
泣く泣く進むのを諦めました~



来た道を戻って、分岐点のある看板まで来て~
ここの危険な道を進むか進まないかで迷ってたよ~・・





私は行こうと思ったんだけど
その時の時間が3時を回ってて、行って帰ってくると
日が暮れて危険・・って事で、
か~~~~なり嫌だったけど、後ろ髪を引かれながら
山頂へ向かうのを諦めて下山しました~・・




下山時に隙間から見えた、濃尾平野




←これも、下山時に見上げた笙ヶ岳



あ~・・あの山頂へ行きたかったぁ~


後少しの所で下山したのは、このお山が始めてだったから
な~んか悔しかった~~・・


こんな日もあるね~・・


でも、後々考えると、ウロウロしてて山頂にたどり着けなかったのも
良い思い出で楽しかった~^^♪♪


(山頂に行けないのが嫌で、私、数分間ひねくれてだけどね(笑))




帰宅してから、どの辺りをウロウロしてたのかな~・・

って思って調べてみたら~




紫矢印部分で、沢沿いに下ってっちゃったんだね~)


後少しで山頂だったのに、悔しいや~・・(T ^ T)