日龍峰寺(にちりゅうぶじ)(高沢観音)

ここのお寺、歴史を感じる立派なお寺だったよ〜

応仁文明の乱で戦火の犠牲になっちゃって、本堂は江戸時代に再建されたみたいだよ

県の重要文化財に指定されています。




清水寺を連想させる雰囲気?を持ってるお寺でした



Wikipedia読んでたら〜・・



本堂が京都の清水寺本堂に
似た舞台造り(懸崖造)であることから
「美濃清水」
との異名がある



って書かれてたよ〜


←仁王門

門には仁王様の銅像があったけど
門の前にあった、お坊さん
銅像のインパクトが強すぎて
門&仁王様の写真写してくるの忘れてた

多宝塔(国の重要文化財)



千本桧 天然記念物

枝が何本にも分かれてる立派な桧(ヒノキ)



高樹齢なのか、右半分の枝がバキバキに折れてしまっていました

樹高はおよそ20メートル、根元の回りは3メートルを超える巨木です





↑(矢印部分に、小さく私写ってます



この立派な本堂の中に入る事ができるんだよ〜


階段を登って行くと〜・・

と〜っても味がある空間が〜・・



ただし・・この場所、高所が苦手な人は怖いと思う・・

床板は軋むし、床板に隙間があって下が丸見え〜〜(恐怖)


ブログ用に床板の隙間の写真を撮してこれば良かったけど
その時は、とにかく怖くて写真撮してくる余裕がなかった〜・・


私って、やっぱか〜〜〜なり高所が苦手だ・・


う〜ん・・今後の為にも、何とか克服せねば・・


本堂内の両脇に、不気味な人形が・・

↓↓↓




ここは何から何まで不気味・じゃなくて、味があるな〜・・





本堂の裏側には大きな岩の空間が〜
山の湧水?(みたらしの霊水)がためられててたよ〜


本堂の裏側からは、ハイキングコース(高沢山)へ行けます




こんな近場で、京都へ観光に行った気分が味わえました〜