中山道 琵琶湖峠の石畳を見てきたよ〜

作られた当時の原形を止めてる基調な石畳です。




大小、様々な大きさの石が
現在の道のように、平らに並べられてるんじゃなくて
ゴテゴテ凹凸してるのが、なんともいい感じでした〜





説明標識に

「ここは日本一長いとされる石畳(全長約730m)が敷かれ・・

って書かれてたけど、私の中で日本一長い石畳のイメージは熊野古道なんだけどな〜・・

って事で調べてみました〜


「鹿ヶ瀬峠にある熊野古道に現存する最長の石畳道で、その長さは約500m。」

(503メートルって書いてあるサイトもあったよ〜)

って事で、琵琶湖峠の石畳は730mだから、本当に日本一って事で納得



←この看板、2段もいらないよね〜

   ←歴史の道 中山道→

って書けば良かったのに
ご丁寧に、豪華2段看板〜☆(笑)




一里塚

なんだ?この塚は??
って事で、これも調べてみたら〜・・



一里塚(いちりづか)とは・・

大きな道路の側に1里(約3.927キロメートル)毎に旅行者の目印として設置した塚(土盛り)

なるほど〜




大湫宿(おおくてじゅく)   右京へ・左江戸へ



前に「中山道を端から端まで歩いてみたいよね〜」
って話してたんだけど、時間とお金がないと無理だよね〜・・;

赤ちゃんと子供連れて
ベビーカー引きながら、中山道制覇した家族がいたんだけど

ボクたちが歩く中山道


こんなゴテゴテした道は、ベビーカー&赤ちゃん担いで歩いてたのかな〜・・
(サイト内には、ここの石畳登場してなかったみたいだけど)



琵琶湖峠の石畳



歴史と自然
一度に感じられる素敵な小径でした〜