金華山登ってきました〜

「馬の背コース」から登って
帰りは「めい想の小径」から下山するコースを選択〜

馬の背コースへの入口に、こんな看板が・・



老人・幼児には無理です!

無理!ってハッキリ断言されちゃってました・・(^^;)


馬の背コースの登山口がわからなくて
その辺歩いてたスタッフさんに聞いたんだけど、その人も

「馬の背は、一昨日も大学生の子が滑落して
ヘリコプターは来るわで、大騒ぎになってたし危険だからやめといた方がいいよ〜

って言ってたんだけど、

昔、馬の背で登った時そんな危険な箇所あったかな〜・・;
前はクロックス履いて普通に登ってきたけどな〜・・・

っと、不思議に思いながら、とりあえず馬の背コースを進んで行く事に〜






馬の背コース、面白い〜(*≧∀≦*)


木の根っこがウネウネしてる場所や、岩場の場所がいっぱい〜




写真写りでは、だいぶ急な岩場に見えるかもしれないけど
実際は、そこまで大した岩場じゃないよ〜

登りやすい岩場で〜す



危険な場所ではないけど

慎重に登らないと危ないな〜・・)

って思った場所も
ちょいちょいあったよ〜


それにしても、
前に馬の背から登ったハズなのに
こんな場所だったって
記憶が全くないぞ〜・・


いつもの私の記憶喪失なのか、
違うコースから登ったかのどっちかだな(笑)

たしか、ブログに書いた記憶があったので、頑張って過去ブログを探してみたら〜

あったあった

↓↓↓



今日のお休みは
金華山に登りました☆

相方が早く行きたいと焦らすので
朝早くから出発〜

ヤレヤレ・・

金華山は岐阜城がてっぺんにある山の事ね〜

←右の写真は、登山中にお昼ご飯を食べた場所
「半分位まで登ったかな〜?
」って思ってご飯食べたけど
まだまだ先は長かった・・('〜`;)


低い山だから楽勝と思って行ったけどかなり疲れたよ〜・・

昔、この高さの4倍の山とか
登ったなんて信じられない・・;





あらら・・;

これだけしか書かれていなかった〜(^^;

やる気のないブログだね〜(笑)




さてさて、今回のブログに戻りま〜す!


登り始める前に

金華山なんて楽勝に登れるよ〜

強気な発言連発
してた私でしたが〜・・


ヘトヘトになりながら
山頂に到着〜(笑)


到着したけど、
金華山は山頂の表札がなかったので
馬の背コースの標識と記念撮影


馬の背コース
ちょっと変わった登山コースで
面白いのでお薦めだよ〜♪


金華山の頂上には岐阜城が建ってます



(改築の真っ最中でした〜)

そして、頂上の展望台に登ると〜・・




岐阜や名古屋の街が一望できま〜す!

山頂から自然を眺めるのも素敵だけど
平野にブワ〜〜ッて街並みが一望できるのも綺麗だよ〜




今回は、山頂からの景色なんて
全く期待してなかったけど、想像以上の景色に感動しました〜



こ〜やって見ると
標高かなり低いよね〜・・

そ〜いえば、金華山の標高って
どの位だったっけ・・


・・と思って調べてみたら〜・・


金華山 標高329m

旧名 稲葉山(いなばやま)。

鳩吹山と同じ位の標高でした〜


鳩吹山より、だいぶ
しんどかったけどな〜・・(^^;


金華山から、前に歩いた各務原アルプスのコースが続いてるんだけど、
山頂から見たら、ズラ〜ッとお山が続いてたから、
たぶんこの辺りに繋がってる山が全部、各務原アルプスなんだろうな〜
なんて思いながら眺めてました〜

↓↓↓



いつか、全縦走するぞ〜っ


そうそう!金華山山頂で出会った、86歳のお爺さん
けっこう長い時間、雑談してたんだけど、か〜〜なりの強者でした〜!


なんと、御嶽山の山頂まで、岐阜市から歩いて登頂した事があるらしい・・


麓から山頂まで行くだけでも相当大変なのに
岐阜市から山まで歩いて行くとか凄すぎる〜

(定年退職してから歩き始めたらしいよ〜)

歳だから〜・・なんて、何事も諦めちゃ駄目だね〜!

話聞いてて、良い刺激になりました〜



山登ってる人は、皆気さくで
フレンドリーな良い人ばっかりだね〜

なんやかんやで、今回の金華山だけで
かなりの人数の人と雑談してきたからね


人との出会いも、山の楽しみの1つだな♪

(おまけ)

←自動販売機のジュースの種類、少なすぎだ〜
(2種類しかない)