硫黄山 (アトサヌプリ) ・・・アトサヌプリとはアイヌ語で「裸の山」という意味



その名のとおり、草木が生えてない、ゴツゴツした
岩山(火山)だったよ~



硫黄山には
噴火口の数が大小合わせて1,500以上もあるんだってさ~




噴火口からは、水蒸気や火山性ガス(硫化水素や二酸化硫黄など)が
常に
と噴出してます




熱湯がグツグツ湧き出てたり、水蒸気の噴出も勢いがあったし
周りの風景とか全部含めて
迫力あって楽しかったよ~


動画写してきたハズなんだけど、どっか消えてしまった~;




硫黄の独特な匂いもプンプンしてたよ~

 


硫黄山は明治時代に囚人によって
硫黄の採掘が行われたらしいけど~・・


硫黄採掘は余りにも過酷で、囚人がバタバタ倒れて、
わずか1年で中止になったんだってさ~・・



モクモク煙ばっかり~(笑)




自然の力強さ・・

ってか
地球のパワーを感じられる場所でした~

(お勧めスポット~♪)




※あまりに近い場所で煙に巻かれると、息苦しくなるから注意