大曲花火行きたかった〜〜

このブログ書いてるの
8月26日なんだけど
結局、
自宅にいます・・



今晩も、皆、テント張って列に並んで夜を明かして
明日は
場所取りダッシュして〜
日中も炎天下の中、日に焼けながら待ってるんだろうな〜


去年、あまりの暑さで喉カラカラだったのに
飲み物が全部売り切れてて、(売れ残りはアルコールばっかだった)から
干乾びながら耐えてた
記憶があるけど今年は、涼しいといいけどな〜・・



去年は人口4万人の市に対して、1日で
80万人集まったらしいけど
今年は、どれだけ集まるんだろ〜


大曲の花火だけは
1番前のマス席と、無料観覧席を選べって言われたら
迷わず無料観覧席選ぶよ〜
(たとえ、マス席くれるって言われても、無料の席がいい)


私の周りにも、大曲花火行きたいって言ってる子多いけど
本当に良い人達ばっかりだから、
メンバーに入れてもらうと何倍も楽しくなると思うよ〜

(席取りにメッチャ
くなってる姿が、なんか見てて楽しいし〜w)



さ〜てと、今年は
NHKの生放送
大曲花火楽しむとするか〜



(あまりにも、ブログ更新遅くて26日までブログ飛んだけど、また16日まで戻りますw)



大曲と言えば!タフな旅人の話

今年の夏は、長岡、大曲両方行って、おまけに数日後に片貝にまで行くらしい

ちなみに、ちょっと前のブログに登場した花火友達
一夏に、長岡、大曲、片貝って行くんだってさ〜!
2人とも流石だ〜〜っ


その旅人さん、なんやかんやで今年も大曲花火から朝方帰宅して
睡眠時間1時間だけで、仕事行ってるみたい
相変わらずだなぁ〜(笑)


この友達の弾丸ツアーは、ちゃんと時間配分とかは
いろいろ緻密に計画立てられてるんだけど〜
計画の立て方が、
普通の人じゃ〜 こなせない計画の立て方なの!(笑)

(頭良いけど頭が悪い人ですw)

ちなみに、大学院出てて、部活も頑張って
社会人になっても、仕事をシッカリしながら、全国を旅するとかなかなかできる人いないよね〜!

・・って、褒めても良い事ないんだけど〜・・・
褒めごろしたくなる位、本気ですごいと思ってて、友達の中で
尊敬してる人の中の1人です



↑去年の大曲の花火動画(改めて見ると、去年も凄かったね〜



去年の大曲も、思い出すとタフすぎて笑えるよ〜w



その友達の家から、大曲まで
片道500`位かな?
まずは、仕事終わってから、そのまま夜中にその距離を運転してきて〜

大曲に到着して、花火会場から遠い場所に車を駐車して
片道1時間以上、会場までテクテク歩き〜

到着して場所取りの列に並び〜・・

場所取りダッシュで、
長距離を猛スピードでダッシュして〜
(しかも、トップ組みw)

走り終わった後、なんとカメラを車の中に忘れちゃったらしく
真昼間の
太陽ガンガン照ってる炎天下の中
また片道1時間以上かけて車まで歩いて戻り〜・・

カメラを持って、更に会場まで同じ距離を歩いてきて〜・・

会場戻ってきて、また太陽照りつける下で、
花火開始まで皆と一緒に待ってて〜
(炎天下の中、普通に座って待ってるだけでも体力消耗するのにね〜・・



花火見終わって、最後まで話してる組の中にいて〜
私を関東まで送ってくれるって言ってくれたから

(やった〜〜〜っありがたい〜〜ヾ(^∇^)ノ

って思って、ついて行ったんだけど、駐車場までの
長〜〜〜い、深夜のお散歩が待ち構えてました・・


4人で、頑張って歩いたよ〜
(その時はえらかったけど、今思い出すと、なんか笑えてきて
良い思い出だ〜


あの長い距離を、
2往復するとか考えただけで恐ろしい・・

(しかも炎天下・・



私と、もう一人の女の子は、夜中歩きながら

(あ〜〜〜・・遠いぃ〜〜キツい〜〜

ってブツブツ言ってた記憶があるけど

(ちなみに、一緒に歩いてた、その女の子も相当凄い子なんだけどね〜


1番過酷な1日(2日?)を味わってる当本人は
なんか飄飄と歩いてて、
疲れを微塵も感じさせてなかったし、逆に

「も〜少しだから、頑張れ〜!」

って、うちらを励ましてくれてたからね〜w


で!深夜のお散歩終了して、ちょこっと休憩して、深夜3時に大曲を出発〜
また、帰り
500`の道のりを一人で運転してもらったよ〜

しかも、その日の午後から友達と用事があったらしく
その用事もこなしちゃってみたいだし (凄)


なんで、こんな過酷な状況で、あんな
涼しい顔して
過ごせてるのか、不思議で仕方ない

弱音一切吐かないで、ケロっとしてるとこが凄いし

運転しながら
(眠い〜〜・・とは言ってたけどねw


体力も精神力も、私とはケタ外れにすごいんだろうな〜
私も、そんな人間になるのが理想だから、そ〜なりたいけど、程遠い〜・・・凹


全部の都道府県行ってるし、いろんな経験してるから
いろいろ書きたくなってくるけど、長くなっちゃうからまたの機会に